忍者ブログ
2008年4月10日スタート
[41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。
梅雨が戻ってきましたね。(こちらは東京です)
明日は外出の仕事なので雨は降ってほしくはありませんが
こればかりは仕方がない。


埼玉県が思い切った提言をしましたね。
コンビニの深夜営業自粛
それにしてもいつからコンビには24時間営業になったんでしょうか?

セブンイレブンは7(セブン)23(イレブン)の営業時間から
このネーミングになったのにいつの間にか24時間営業になってしまった。
その当時はコンビにくらいが24時間営業だったように記憶しているが
今ではスーパー、レンタル店など多くの業種で24時間営業になっていますね。

埼玉県がこのような提言をしたのは言うまでもなく
二酸化炭素削減、地球温暖化対策のためだというが、
方清JFA会長(サークルKサンクス会長)は「温暖化への対応は
重要課題として取り組むが、コンビニ(の24時間営業)だけをターゲットに
するのはアンフェア」と述べているそう。


他の業界を話に出すと収集がつかないので、
コンビニ業界限ってこの記事を書こうと思う。


まぁ、私の個人的な意見を言えば24時間の店があっても
23時頃で閉店する店があってもいいと思う。
一律に全ての店舗が営業を自粛するというのは
社会情勢から考えても無理な話だろう。


深夜のコンビニは気軽に買い物をするのにとても便利で、
残業の多いサラリーマンや夜中にちょっと小腹が空いた時などは
とても重宝する。
また、防犯対策にもコンビニが一役かっているという事実もある。


こんなものは統計を取ればどの店舗が必要で
どの店舗が自粛すればいいのかはわかると思うのだが。


さらに、商品の納入の問題もある。
多くのコンビニ店舗は深夜に商品の納入を行っている。
これはとても利にかなっている。
日中に行えば渋滞に巻き込まれる、あるいは渋滞の原因になる
恐れもあろう。


本気で地球温暖化を食い止めたいと政府が思うなら
本当に必要最低限の業種以外は自粛を促すべきだろうが、
それは不可能ですよね。

そうは言っても業界(24時間営業をしている)も少しは柔軟な対応を
考えなくてはならない時期だと思う。


以前に宇宙から撮影した地球の夜の写真を見たことがある。
これは深夜の写真だったのだが、隣国の中国、韓国、台湾などと比べて
日本の明かりは際立って明るかった。(特に都市圏)

この写真を見るといかに日本人が24時間体制で
働いているのがわかる。
もう少し、事前に即した生活をしようよと思った次第である。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索

photo by mattarihonpo
忍者ブログ [PR]