忍者ブログ
2008年4月10日スタート
[26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [17]  [19]  [18]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。
今日は良い天気でしたね。あまりにも気持ちいいので70分ほど
近くの公園をジョギングしてきました。
心はスッキリしました。が・・・

本当に次から次へと新しい言葉をよぉ~マスコミは作るもんですね。

今度は”モンスターハズバンド” だそうです。
新聞に書かれた記事を見ると、まぁ、情けない。
どんな人をモンスターハズバンドと呼ぶかというと産婦人科に妊婦の付き添いとして
訪れた夫の 非常識な振る舞いです。

こんな実例が

■医者が妊婦を診察するのは当たり前、だから治療費は払わない・・?
■陣痛で苦しんでいる妻を見て、何故何もしないんだと切れる・・・??
■強引な個室の要求・・・???

あるいは妻の方からも
「高い室料を払っているんだから、夫にも食事を出してよ」
なんて意味不明な言動が。

本当に理解できないんですよ。どうしたらこんな思考回路になるのか?と。

モンスター○○が使われた最初の言葉は
モンスターペアレンツ(両親)だったかな。
学校の先生もとんだ災難だなぁ、と人事に思っていました。
 
その次に出てきたのがモンスターペイシェント(患者)、
その立場を利用しているのか、それとも、
単なる我侭なのか?


「個」の時代ということが盛んに言われているけど、
履き違えた人ばかりだ。
このモンスターと呼ばれる人たちは
何を勘違いしているだろう??他人の存在を認めずに
従わせていようといるのではないだろうか?

どれだけのモンスターが日本にいるんだろうか?

幸いにも私の周りにはこんな大人はいないんだけどなぁ・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索

photo by mattarihonpo
忍者ブログ [PR]