忍者ブログ
2008年4月10日スタート
[55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ようなんですよ。
私が高校生の時は”カラオケ”と言えば、あらゆる場面で
利用してきたんですけどね。

1990年代、時は音楽業界全盛期でした。
TKこと小室哲哉と小林武史が次々とヒット曲を連発しました。
B'Zや中島みゆき、サザンなんかもですが。
世界に行っても通じる「KARAOKE」でしたが、
ここに来てその人気に陰りが見え始めているようです。

経済の停滞もその原因にあるでしょうね。でも、それ以上に
ネットの普及が大きいのではないでしょうか?

特に携帯電話ですよ。中高生ですら今となっては
その多くが一台を保有しています。その維持費が
これまでの娯楽であるカラオケから支出されているようです。


カラオケってコミュニケーションツールとして
利用されてきたと思います。行事の打ち上げや友達との憂さ晴らし、
(試験後など)それが今ではSNSにとって変られているような気がします。

PCのmixiが携帯でも使用でき、それ以上に
モバゲーですか?(私はやっていませんが)
携帯版のSNSも多くあるようです。まさか!携帯からインタネットが
出来る時代が来るとはほとんどの人が予想できなかったでしょうね。

このコミュニケーションの変化は
ちょっと恐いような気がします。
何度か書いてきましたが、
リアル(現実)からバーチャル(仮想)の世界に
若者の居場所がシフトしているのではないでしょうか?

ネットは確かに便利です。ですが、
ネットの世界に依存すると・・・
対話は血の通った生身の人間と面と向かって
行いたいものです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索

photo by mattarihonpo
忍者ブログ [PR]